2016年05月04日

解禁釣行

5/2(月)実際にkawagarasu工法で製作されていますプラントFさんと東北方面へ釣行してきました。

遠距離ということで前夜入り。
新作ロッドを携えいざ上流域へ。
朝のうちは今ひとつてましたが、ある場所からは
好反応でプラントFさんはかなりの数を釣られていましたね。

さて、kawagarasu工法の真竹ロッドはライン番手は3.4#。
DT3#よりライニングラインが合っている感じ。
リーダーは市販の5X12ft+5Xを50センチほど足しました。
フライは#12のエルクをメインに#14のピーコックボディのパラシュートで挑みました。

ロッドは使い慣れたそのものですが、長いリーダーに抵抗の大きなフライの組み合わせのため、キャストしにくかったです。
それでもドラックがかかるまでの時間を大幅に稼ぐことができ、思った以上の釣果を出す事ができました。

IMG_1587.jpg

ブラインドでキャストしたエルクを丸呑みしたイワナ。
魚の数字秒持ちこたえゆっくりと引き寄せました。

IMG_1602.jpg

このイワナはひとつのポイントから数匹出た中の1匹。
岩盤ギリからエルクを咥えた2匹目の尺イワナ。
限られた空間でフライを狙い通りに運んでくれたロッドのおかげです。
ゴンゴンと首を振るイワナをドキドキしながら取り込んだシーンは今でも思い出せます。

真竹はトンキンより弱いと思われがちですが、素材の持ち味を使えば
十分に楽しめるロッドになります。

使い心地も釣り味も私的には合格。

終わってみれば申し分のない結果に検証ができなかったかもしれませんが、
ストレスなく釣りを楽しめたことが全てです。


最後になりますが、プラントFさん
遠くまでお疲れさまでした。
次回もよろしくお願いいたします。

posted by ジョニー at 16:16| Comment(10) | TrackBack(0) | flyfishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする