2017年10月01日

ラスト釣行♪

息子が熱を入れている野球も年末で卒団。
前回記事にした交流戦も先週2回戦目で残念ながら負けてしまいました。

それで合同チームで同じ6年生の仲間も増えたり、別のチームの監督やコーチと知り合えたり。
連盟の選抜メンバーに選ばれたり。よても良い経験になったと感じます。

我が子の活躍に一気一優できる親になれたのも息子のおかげと今更ながら感謝しています。
そんな感じでしたのであきらめていたのですが、
なんとか平日に時間をとって、今年最終の釣りに行ってきました。


この時期は魚が少ないのはどこも同じ、単独なのと久しぶりなので近場の源流域。

大雨のあとで増水気味。
走る魚も少なく厳しい状況。

良さそうな落ち込みからようやくイワナ。

FullSizeRender のコピー 2.jpg

この渓流ではアベレージサイズですが。。。サイズは今ひとつ。

堰堤を1つ超えてようやくここぞというところがら反応がありました。

FullSizeRender のコピー 3.jpg

25.6センチでしたがこの時期らしいヤマメが飛び出しました。
しばらくウットリしながら写真を。。。

FullSizeRender のコピー.jpg

顔つきが精悍です。


FullSizeRender.jpg

ひれも大きく。。。強い流れに生きているって感じ?
こういう魚が抜かれないで残ってくれると来シーズンも楽しめるでしょうね。


その後、休憩しようとして腰のベルトに付けていた飲み水をホルダーごと落としていることに気がつきました。

探すにしてもどの辺りで落としたのか身に覚えが無いので探すのはやめて、のどが乾ききらない間に
一旦林道に上がって実績のある堰堤を2ヶ所だけ確認してみる事にしました。

堰堤は砂で埋まってしまい尺ポイントは見る影もありません。
でもよくみれば数匹のイワナが泳いでいます。

エルクにかえて1匹。
もう一匹も同じサイズでしたが、二度目はフライをチラ見。。。
その後パラシュートにかえてもう一匹追加。

最後の堰堤で仰天しました。
落ち込み脇の緩い流れの岩陰に陰が。。。たぶん尺を超えているようにみえました。

パラシュートで狙うと1発で食ったとおもったフライはそのまま流れてしまいました。

フライをエルクにかえてもう一度。
今度も反応してフライを負いましたが後僅かのところで食わせる事ができません。

その後も何度となくフライに反応するものの見切られ。。。
ダメもとでパートリッジのウェットにチェンジ。


うまく1投目に入り少し手前に落ちていくのが見えました。
魚が反転したのであわせるとググッ。。。。やったとおもったら。。。。
イワナは陰にもぐってしまい姿は見えなくなりました。

のどは乾いたし、ずっと心臓がバクバクしてましたし、すっかり気落ちてしまいました。
まー。イワナをつり上げれなかったことも返って良かったかもと。。。
でここを最後におしまいにしました。


今回はロッドはkawagarasuの千葉さんからお預かりしたロッド。
ワン&ハーフの2P。
渋いブラウンの塗装でとても扱いやすくしっかりとしたロッド。
楽しませていただきました。
使いやすいロッドで釣りをするのはほんと気持ちのいい物です。

帰宅して息子に写真を見せたら渓流に行きたいと言い出しましたが。。。

釣りに釣れていくには修行をさせてからですね。

これは夢かもしれませんが、いつか一緒に楽しめたらと今から楽しみでもあります。



posted by ジョニー at 09:07| Comment(10) | flyfishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする