2015年03月30日

タナゴ浮き

タナゴ用の手作りもコレで最後(笑)

変わり塗りは思ったほど難しいものではないのですが手間が掛かります。
塗装の工程だけでも9週間程度かかっています。

タナゴ浮き.jpg

納得の行く出来はこの中でも半分くらい。
塗りのコツみたいなものはわかったのですが、サイズ、形状、バランスなどは今回作ってみて反省点がありました。
特に、斜め通しの穴の開け方は適当ではダメですね(苦笑)
次に作る時にはもう少し完成度をあげるつもりです。

さて。。。
家の中の物をかなり処分しましたので、部屋もスッキリしましたが、ものつくりの道具の整理はまだまだ。
タイイングくらいならできますが今ひとつ気分は乗りません。

娘の入学式を終えたら代休でも取って渓流に行きたいと思います。
今年はテンカラも少しやってみたいなぁ・・・




posted by ジョニー at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | tanago | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^

とてもきれいに出来ているように見えますが?
ぜひ『コツ』を伝授くださいませ〜。
てか、やっぱり失敗しないとわかんないんでしょうね・・・。
Posted by farwater at 2015年03月31日 15:56
あのう・・・

使わせていただいている△ロッド,トップに近い方のフェールールが緩くなってしまい?,すぽすぽ抜けてしまいます。

どうすればいいでしょうか?

Posted by リョウ at 2015年03月31日 19:43
ジョニーさん こんばんは

9週間ってものすごい手間がかかるんですね(驚愕
私の場合はやる気がおきずほったらかしで
9週間どころじゃないですが・・・
変わり塗りに興味が出てきました。
調べてやってみた時に分からないことがあったらぜひ教えてください。
Posted by ナシオ at 2015年04月01日 22:37
farwaterさん
こんにちは^_^
タナゴ浮きの場合、とにかく小さいので扱いに難儀します^_^;
支持出来る場所は軸なので、多少長くしておくと削り作業も塗装も余裕が出ます。
沢山作らないと時間も材料ももったいないのですが、作業を飽きない程度に進める事でしょうか。
塗装は乾燥をしっかりすること。
あとは当たり前ですが、形状や斜め通しの穴をしっかりと狙い開けることだと感じました^_^
Posted by ジョニー at 2015年04月02日 08:29
リョウさん
こんにちは^_^
フェルールのゆるみですね。市販のフェルールグリスを塗ってあげることでスキマの密着度があがり対処出来ることがあります。
余りにも緩いようならオス側にウレタンなどで塗装して軸を太くしてあげるなどで調整してみていただけますか?
リョウさんなら良い仕事されてますのでご自身で調整が出来ると思います^_^
現在、諸事情により工作作業が出来ない環境ですのでこの様な解答で申し訳ありません。
解らなければ、メール頂ければと思います^_^
Posted by ジョニー at 2015年04月02日 08:43
ナシオさん
こんにちは^_^
私はwatariさんからおしえて頂きました。
変わり塗りに掛かる時間はそのほとんどが、カシューの乾燥に掛ける時間です。
乾わかない内に重ねてしまうと、水研ぎができません。
週末ごとに重ね塗りした結果ですので作業自体はそれほど大変ではないと思います^_^
是非試してみて下さい^_^
Posted by ジョニー at 2015年04月02日 09:14
ジョニーさん、こんばんは。遅いコメントで失礼します・・・ <m(__)m>
タナゴ竿の完成、そして、綺麗なタナゴ浮きまで・・・本当に凄いです!! 後は釣りに行くだけですね!!
私も何とか代休取って釣行したいと思っています。(^^ゞ
Posted by Green Cherokee at 2015年04月04日 01:23
GreenCherokeeさん
おはようございます。
出来た頃には春に^_^;
また来年楽しみたいと思います^_^
何かと忙しいので予定が立たないのですが、ストレス解消の為にも渓流に立ちたいと思います。
Posted by ジョニー at 2015年04月04日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック