2015年08月23日

kawagarasu craft

帰省は八戸自動車道九戸インターまでですがかなり遠く、休憩にも良いのでいつもどこかに立ち寄りしています。
今年は行きの道中で日程を調整していただいて盛岡のkawagarasuさんへ立寄をして釣りをしてきました。

8/10(日)

前日から高速をひた走りまして、千葉さんと工房へ移動。
途中、道が新しくなっていましたがなんでも東日本震災の復興事業の一環のようです。
高速道路のようなスピードで地元の車にあおられてしまいました(笑)

工房についてからは、私の試作したロッドを見てもらいつつ、いくつかのロッドを振り比べ。
フムフム。。。なるほど。。。(笑)
これは感覚な的部分で毎回勉強になります。

さて一息ついてから釣りの準備。
工房前。。。千葉さんの釣り姿。

IMGP0013.JPG

ヤマメは釣れたが、今回はkawagarasu iwanaというロッドをお借りしたので。。。

IMGP0009.JPG

イワナ狙いで支流へと移動。上にはほぼ木がかぶさった流れ。
小さなポイントにうまく入りイワナが出ましたがロッドの感触を味わっていたら手元でバラしてしまいました。

IMGP0012.JPG

直進性の良いブランクに助けられ沢山のポイントにいとも簡単にフライが入ります。
残念でしたがイワナはつれないまま魚止めの滝にて終了。

工房に帰り夕方までゆったりした時間を楽しみました。

千葉さんといろいろお話した中で、皆様にも共有できそうなお話を少しだけ。

イッカクロッドのブランクをお土産にいただいてきてしまいました。
完成品のikukakuも拝見しながら、改めて斬新かつシンプルなブランクと完成度の高さに圧倒されます。

FullSizeRender.jpg

HPのイラストレスにも書かれていましたが、捻りについて多少の戻りという現象が出るようです。
これは竹の性質でまっすぐに戻ろうとする力が存在するということでしょう。

戻る程度は捻り具合にもよると思いますが、ほんのわずかで釣りに使えないというものではないのでご理解ください。
もしろんブランクの性能に大きな影響はありません。

私のイッカクの5Pですが、スネークガイドが2つあるピースをみればなるほど、若干傾いていました。

いわば、竹であることの証拠でもあります。
置き換えれば竹竿に曲がり癖がつくことと全く同じ。
試しに自分のブランクで捻りの戻し作業を試してみましたが、簡単に元に戻すことができました(笑)

何れにしても現象として捉えるのが良いかもしれません。

いまのところ作っている方は千葉さんの他は、私くらい?なんでしょうかね。
ネット上では見つけられませんがもしいらしたら是非。。。コメントをいただければと思います!!


ということでいろいろありましたが、私の盛岡滞在の記憶としてアップしました。

次へつづく。。。






posted by ジョニー at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | flyfishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ジョニーさん、旅の疲れはとれましたか?先日は大変お世話になりました。
イッカクロッド、振らせていただきましたが春先のヒカリ釣りには面白そうなアクションかなと感じました。
TS bamboo、大活躍中ですよ〜 (^ ^)
Posted by 510 at 2015年08月24日 11:24
510さん
こんばんは。今回もお世話になりました。なんとなくですがまだ引きずっているような(苦笑)
私のイッカクは酷い出来ですのでいつか納得のイッカクができたら是非お試しください。これから発展の可能性のあるブランクです。
お渡ししたロッドはメールでお送りしたイメージでお使いいただけるとトラブルはないように思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by ジョニー at 2015年08月24日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424653468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック