2015年11月10日

01.竹割り

kwagarasu工法は2004年から始めましたので10年目。
これを期に少しだけ制作手順の紹介をしていこうかと思います。
興味のある方はおつきあいくださいませ。。。

では。。。
手始めに竹割りから。
あくまで趣味の範囲ですので、一つのやり方として捉えてください。

その前に竹の入手ですがロッドビルドをサポートしているショップならトンキンケーンなどは比較的容易に手にに入ります。
真竹、孟宗竹なら近所の竹やぶの地主から分けてもらう。
もしくは、道の駅や物産館や、ホームセンターなどで手に入るケースもあります。
私は造園業の会社から訳を言って分けて頂きました。

切り出して暫く時間が経過したもので、節間がある程度広く、竹の断面の肉厚な物を選んでください。

今回は頂き物の直径100ミリ弱の真竹。
4当分して結果的に2年程度寝かせてます。

竹割り1.jpg

竹割ナタ。3千円くらい。
ゴムハンマーは100均にあります。
革手袋。。。竹はトゲが刺さるとかなり不快で痛いです。
またナタは指くらい簡単に落としてしまいますので。
皮手袋は必需品です。

竹割り2.jpg

割りたい幅に検討をつけてナタとゴムハンマーで歯を食い込ませます。
竹が逃げないようにして下さい。

竹割ナタで割るというより裂いていくイメージ。
軽く押し込むと、ピキピキ裂けていきます。
途中でぶれ始めたら戻したい方向と逆に軽く拗れば戻ります。

竹割り3.JPG

こちらは節間を使ってマルチピース用に割ったもの。

とまーこんな作業です。
初めてやる時はなかなか上手くできませんが経験あるのみなんでしょうね。
怪我のリスクもありますが、竹割の作業は材料の素性を掴む第一歩だと感じます。
面倒がらず作業をすることで素材にあったロッド作りが出来るようになるって事。

次回は竹片からピースを選び、幅をある程度整えてたら火入れ作業とと曲がり直しです。
作りたいロッドのイメージを膨らませておくことが重要。。。次回へ続く。。。

posted by ジョニー at 22:45| Comment(6) | TrackBack(0) | kawagarasu工法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
なんと、というか、ついに、というか始まりましたね。
竿作りの手順、初回から興味津々で拝見させていただきました。
次回が早くも楽しみです!
Posted by windknot at 2015年11月11日 09:53
windknotさん
こんばんは。
一般工法とは違いますが気軽に挑戦できるロッド作りを少しでも知ってもらえたらという思い出初めてみました。
このテンションで完成までたどり着けるのか?早くも不安ですがのんびり進めて行こうと思います。
それにしても作業途中に写真をとるのがこんなに面倒とは。。。(苦笑)
今回の竹割りはわざわざ写真を取るためにやりました(爆)
Posted by ジョニー at 2015年11月11日 23:12
こんばんは!
ご無沙汰しておりますm(_ _)m

バンブーロッド製作って、他の方がどうやって作っているのか、なかなか目にする機会がありません。
続きも楽しみにしてますね!
Posted by しげ at 2015年11月12日 21:40
しげさん
こんばんは。身体の方も良くなったようで一安心ですね。
今回は少し考えてしまいましたが、思い切ってスタートしてしまいました。
何かおかしなところあったらこっそり教えて下さい(笑)
そんな訳でよろしくお願いします。
Posted by ジョニー at 2015年11月12日 22:13
ジョニーさん こんばんは
興味津々で拝見させていただきます。
私も真似事で丸竹を手に入れました。
でも穂先は合わせて作ったブランクのほうがいいようで真竹を探そうと思ってました。
ホムセンや道の駅とは思いませんでした。
探してみたいと思います。
Posted by ナシオ at 2015年11月15日 22:09
ナシオさん
ご無沙汰しております。
ナシオさんはしっかりとハンクラされていますのでおそらくある程度までは簡単にこなしてしまうかもしれませんね。
どうしても竹が見つからないようでしたらお声掛けください。
少しくらいならお分けできるとおもいますよ。
Posted by ジョニー at 2015年11月17日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429225376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック