2015年12月05日

04.曲がりなおし

12月にはいり、公私共にバタバタして作業は遅れ気味です。
それでも少しずつでも進めて行けばやがて完成までたどり着けるものです。
のんびりマイペースで作業して行きます。

さて。。。

曲がり直しですが、矯め木と呼ばれている道具を使います。
写真のものは自作しましょう。

IMGP0073.JPG

下の格好良いのはkawagarasu製。
工房にお邪魔した際にお土産として頂いたもので大事に使っています。

竹の太さに合わせて溝の位置を使い分けます。

IMGP0072.JPG

曲がりのほとんどは節の前後です。
節全体ではなく、節の前後をそれぞれに熱を加えて曲がりを直します。

IMGP0070.JPG

曲がり直しの後は。。。

IMGP0069.JPG

ピンぼけですがこんな感じでわかるでしょうか。

火入れ後も頻繁に曲がり直しをします。
私はアルコールランプをつかいますが、焦がしてしまうと竹がもろくなりますので要注意です。

次は張り合わせ前のテーパーをつけていきます。

寒くなり疲れもピークになってくる頃ですね。
風邪等ひかないように頑張りましょう(笑)
posted by ジョニー at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | kawagarasu工法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
着々と教書が続きますね^^
ジョニーさんの連載を読み進めて同じように作っていけば(簡単には作れないと思いますが^^;)、バンブーロッドが仕上がりますね!

削る前の曲がり直し、そして火入れの具合が、工程の中でも完成度に影響するように感じています。

曲がり直しは、僕は不器用なのか矯め木ではどうしても上手くいかない曲がりがあり、行き着いたのは万力と併用する治具でした^^;
節間の曲がりは、最近はバインディングして火入れをすることで真っ直ぐになるので気にしなくなりました。
ここは二枚合わせと六枚の工程上の違いですよね。

また、昨冬わざと火入れを甘くして作ってみた一竿がありますが、なんと一年ほどたったら少し張りが出てきたように感じます。
水分が抜けたのでしょうか?^^;

大掃除で部屋を片付けて作業スペースを確保したら、僕も製作開始の予定です^^
Posted by しげ at 2015年12月09日 07:27
しげさん
こんばんは。
しげさんも以前書かれていましたね。私もこうやって続けてアップしているとその大変さが身にしみて感じます(苦笑)
二枚合わせと一般の工法は異なる部分がありますが素材を上手に使い完成させるのは同じことですよね。
来シーズンそれぞれ新しいロッドで釣りが出来たら良いですね。
Posted by ジョニー at 2015年12月09日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック