2015年12月13日

05.テーパー削り

一般工法であれば様々なデータがネットで探せば見つかりますが、
二枚合わせに流用しても同様な結果は望むのは難しいでしょう。

もしも作ろうと思う方で悩むようでしたら、
ティップとバット径を決めてストレートのテーパーで作ってみるのが良いと思います。

数本作るうちに自分のイメージができてくるので制作を重ねる毎により良いロッドが制作できると思います。

では。。。取り急ぎですが多ピース仕様のテーパー出しをしましたので紹介します。

強化ガラスの5ミリを作業面にしてサンダーでテーパーを出していきます。
タジマのドレッサーとノギス。

IMGP0079.JPG

表皮側はあまり削らないように。
テーパをつけるのは内肉側。時折ノギスで計測しながらテーパーを付けていきます。

IMGP0082.JPG

tipは2ミリ。
基本的にスクレピングしていないので表皮のみに近い感じです。

IMGP0083.JPG

途中確認で内肉合わせした写真。
両側共に可能な限り同じ厚さになるようにします。

IMGP0090.JPG

あらかじめ決めたテーパーで5ピース分をひとまず削り終えました。
サンダーだけでは時間が掛かりすぎるのでカッターも併用。

IMGP0084.JPG

後日もう一度チェック。

このとき曲がり直しをする際、見た目よりもファイバーを真っすぐにするのがポイントです。

今回も曲がり直しをしてからテーパーをチェック。微妙に削りテーパーを調整をしました。

次は早くも接着に入れるところまで来ました。

マルチピースのブランクなのでかなり作業は早いです。
これらのピースを接着しながら節ありの2Pのブランクを削ります。

こちらは節を攻略しないとなりませんし、おまけにピースが長いので少しばかり大変です。

では次回。。。

posted by ジョニー at 14:15| Comment(4) | TrackBack(0) | kawagarasu工法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョニーさん、こんぱんは。
テーパーは面白いですよね。
僕もティップとバットを決めて直線でつなぐテーパーから入りました。

その後、バットのテーパーを緩くしたり!ティップの立ち上がりをきゅうにしたり…
名竿と言われるロッドのテーパーの意味考えたりしてますが、そもそもの加工精度が低くてうまくいってませんが…^^;
Posted by しげ at 2015年12月19日 18:05
しげさん
こんばんは。
一般の工法の場合はかなり精度が良いのではないでしょうか。
こちらはフルハンドですのでいつでもオリジナルなテーパー(笑)
完成までドキドキします。
私は、繊細なものから少しずつハードなアクションに移行しています。
Posted by ジョニー at 2015年12月20日 17:17
こんばんは。
しげさんとのやりとり、なかなか興味深く拝見しております。
「繊細なものから少しずつハードなアクションへ」
というのは「テーパーが急なものからゆるやかなものへ」ということですか?
Posted by windknot at 2015年12月23日 23:19
windknotさん
こんばんは。
難しい質問ですね(苦笑)
テーパーとアクションとは別のものだと思っています。この場で説明できないので省略させていただきますが、
ハードという表現は的を得ていないかもしれませんが、繊細でありながらより厳しい状況化でも余裕の釣りができるというイメージです。
なかなか思うようにならないのがまたおもしろいんですね。
Posted by ジョニー at 2015年12月24日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック