2016年04月01日

12_グリップの製作

四月に入りました。
それでは今回グリップの整形です。

既製品を購入しても良いのですがそこは自作の楽しみを。。
好きなサイズで作れるのは魅力がありますのでコルクリングからつくります。

材料はコルクとボンド、ヤスリなどで、電動工具は穴あけ以外はつかいません。

コルクは今回バランスを考えて10個。グレードの低いものですが(笑)

穴があれば穴の径をチェックしてブランク径より小さくなるようにキリで調整します。
私のコルクは穴が無いものでしたので自分で中心に穴をあけていきます。

IMGP0186.JPG

小さい穴から少しずつ大きく広げて行く間で調整をします。
多少センターがずれても削りシロになるのでそれほど気にしなくても良いと私は思います。

IMGP0187.JPG

リールシートの長さに印をつけてグリップの固定位置を決めて接着。
接着後はちょっとダサイ治具ですが機能があれば何でもOKです。
一晩このまま放置します。

IMGP0189.JPG

翌晩、荒削り。
ヤスリの荒めでくるくるしながらヤスリで削っていきます。
大まかに太さを調整してから先端部のシェイプを決めます。

IMGP0191.JPG

荒削りから細かなヤスリで整えて行きます。

IMGP0193.JPG

鉄のコルクヤスリですが佐々野で7.8年前に購入したもので非常に使いやすいので気に入っています。
あまりツルツルしたのが好きではないのでほどほどでやめます。

普通の方は旋盤や電池ドライバーに加えさせて整形するでしょう。
ですが、コルクは個々に堅さが違い、回転させながら均等にヤスリをあてても偏心してしまうことが幾度かありました。

手作業でためしたら埃も立たず、時間もそれほど掛からずに出来る事がわかってからはこの方法が良いと思っています。

では次回はシートの接着。ガイドのラッピングです。
あともう少しです。釣りにまにあうかなぁ???



posted by ジョニー at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | kawagarasu工法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック