2007年06月24日

ランディングネット1号

net1.0.1-1.jpg
梅雨にはいりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私も子育てで忙しくなかなか釣りにいってません。モバQ

先日編針の完成を報告しましたが、今回は昔(数年前)に作ったランディングネットを紹介します。
これはたしかどなたかのHPを見て簡単そうに作っていたので見よう見まねで作ったものです。

材料はホームセンターで売っている檜の棒を3本と、約20ミリ圧の松の板材で作りました。お風呂の残り湯に一晩檜を付けてフリーハンドで曲げていきます。これが結構面白い。。。わーい(嬉しい顔)
そのあとはそれに合わせてグリップの形状を切り抜いて2液のエポキシで張り合わせ語、凧糸でぐるぐる巻きで固定し、その後、サンドペーパーをひたすらかけて、クリアの塗装で出来上がりです。

材料はすべて入れても500円くらいだと思います。個の写真ではネットも自分で編みましたが、この写真は凧糸で編んでます。その後クレモナ3号をネット検索して手に入れて編み直してます。ちなみにこのブログの当初掲載のヤマメの写真のネットが今の状態です。
net.001.jpg

その後もいくつか作りましたが、これがハンドメイドにはまったきっかけになったの最初の作品です。未だに使用してますが全く問題なくしようしています。

いろいろな意見が有るようですが、ネットは思いほうが良いと言われることが多いようです。魚が安定するんですって。。。
でもベストが非常に重たい私は軽さが非常に気に入ってます。
なんていっても流れても水に浮きます。わーい(嬉しい顔)
皆さんの理想のランディングネットは???
にほんブログ村 釣りブログへ
posted by ジョニー at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | handcraft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45805633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック