2007年07月06日

豪快な号外

gogai.jpg
すぐに出来ることから。。。

これをどこでもらったものか今も記憶にないのです。それは数日前に仕事場のテーブルの上に置いて忘れていたのに気がつき仕事中に読み始めました。

豪快な号外
"30秒で世界を変えちゃう新聞"

早く言えば、地球温暖化や環境破壊を呼びかける記事です。

とにかく考えてしまいました。仕事に追われて、あっという間に年月がたち、家庭ももって子供もいる。父親になった時に、自分の子供の地球環境は???
そのまた子供は??何代先かにも同じ自然を残したいものです。私はマイ箸ぐらいしかできてませんけれど。できることから初めてみようかと感じました。

以下はHPからの抜粋記事ですが、どのように感じますか。。。


1992年6月12日。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで、開催された国連の地球サミットで、12歳の少女が世界各国のリーダーたちを前に6分間のスピーチをしました。

セヴァンスズキメッセージ

こんにちは。セヴァン・スズキです。
私はカナダの12歳から13歳の子ども達の集まりの子供環境運動の代表をしています。
大人のみなさんに、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、話をします。

それは、未来に生きる子ども達のためです。
世界中の飢えに苦しむ子ども達のためです。
そして、もう行く所もなく、死に絶えようとしている無数の動物達のためです。

私は、太陽のもとにでるのが怖い。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえ怖い。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。

父とよくバンクーバーでつりをしたものです。
数年前に、体中ガンにおかされた魚に出会うまで。

今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠に戻っては来ないんです。みなさんは、私ぐらいの歳のときに、そんなことを心配したことがありますか。こんな大変なことが、ものすごい勢いで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。

まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのか、はっきり分りません。

でも、大人たちにも知って欲しいのです!

あなたたちも解決方法を持っていないっていうことを。

オゾン層にあいた穴をどうふさぐのか、死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたは知らないでしょう。

どうやって直すのか ですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、じつは3千万種類の生物からなる大家族です。

私は、子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動にしなければならない事を知っています。2日前にここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。
一人の子どもが、私たちにこう言いました。

「ぼくがお金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る服と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

家も何もないひとりの子どもが、分ちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。
学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたたち大人は私たちに、世の中でどうふるまうかをお教えてくれます。

たとえば、「争いをしないこと」「他人を尊重すること」「ほかの生き物をむやみに傷つけないこと」「分ちあうこと」「ちらかしたら自分でかたづけること」「話しあいで解決すること」「そして欲張らないこと」

ならばなぜ、あなたたちは、私たちにするなということをしているんですか。
親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子どもたちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまい」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。

お聞きしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。父はいつも私に「不言実行」つまり「何かを言うかではなく、何をするかでその人の値うちが決まる」と言います。
しかしあなたたち大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。
あなたたちはいつも私たちを愛しているといいます。
しかし、言わせてください。もしもその言葉が本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。
ありがとうございました。

[エコロジーの風 第6号] 発行:ウィンドファームから要約


豪快な号外はここからダウンロードも出来ます。
http://www.teamgogo.net/
ラベル:豪快な号外
posted by ジョニー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

未来は誰が決める?
Excerpt: リオでの環境サミットで、セヴァン・スズキ12歳の少女のメッセージは、 伝説のスピーチとして心を打つ。 今、何ができるか。まだ間に合うかしら。 とりあえず、リサイクルフリマやって、 ..
Weblog: 気の向くままに
Tracked: 2007-07-07 16:31