2007年10月16日

ハダーニング 2

シルクラインにハダーニングをする前に、自作していたファールドリーダーで試してみましたので簡単に報告いたします。

ファールドリーダーは販売もされていますが、良い値段ですので私はハンドメイドです。作り方はいろいろな先輩方がHPなどで紹介されてるので省略いたします。

私はファールドリーダーを使ってから2年たちますが、未だ1度も交換しておりません。釣りの回数が少ないこともありますがナイロンリーダーに比べてお金が安いので大変気に入ってます。
使用感もナイロンリーダーに比べ格段にトラブルが少なく感じます。
ただへろへろなのが災いして、浮力が無くなってからのティップへの絡まりが気になってました。
ということで今回は、ファールドリーダーに張りを持たせようという試みです。

亜麻仁油を十分に湿らせて余分はウエスで拭き取ります。そのまま風通しのよい適当な場所へつり下げて置きました。(少し臭うのでご家族の反感を買わないように注意が必要ですよ。)

1日目何の変化もありません。未だ湿った感じ。1週間で乾いた感じではありましたが、ラインの堅さには変化なし。10日過ぎになりようやく張りのような物が出てきました。

今は2週間程度たちました。かなりゴアゴアです。今回は絹糸のファールドリーダーを試してます。ナイロンの場合でもそれほど変わらないと思います。

hadari01.jpg

写真でわかるか疑問ですが、コーティングしたような感じです。見た目は変わりませんが。撚った糸の繊維が密着した感じはあります。
引っ張れば多少の弾性ものこってます。正し少し巻きクセが付きそうですが、
シルクラインと同様にオイルを塗り込んで使用すればいくらか柔らかくなるのではないでしょうか。

詳しくは来シーズンになるかもしれませんが、使う機会があれば報告したいと思います。

posted by ジョニー at 23:16| Comment(2) | TrackBack(1) | flyfishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
画像を拝見すると結構堅そうですね?

私はこれから試すのですが、ジョニーさんと同じように”巻き癖”が付くのではと心配していました。
それにしても2年間使い続けたなんて凄いですね!私は1年で3本か?4本?駄目にしてしまいました。しかし、経済性は抜群ですね!

今までナイロンリーダーに年間1万円近く使っていたのでかなりの経済効果です。
近くの店でスレッド買うと315円で、ファールドリーダー2本出来てしまいますから!

ジョニーさんのblogを参考に早速試してみます。
Posted by tiptop at 2007年10月17日 10:34
そうなんです。15日くらいで硬化したと思い、丸めてほおって置いたらさらに固くなった感じです。試しに2本ストックしてあったものでためしましたが、もう1本はそれほどでも無い様子です。リーダーを作った時期がちがうので。。。メーカーはたしか手芸店で見つけた折鶴印?とかいうのだったと思います。オイルを塗り塗りして何度か使えば多少は柔らかくなるものと信じてますが。染みこむのかが心配です。

4番と3番のシルクラインに使ってますが、年間釣行が一桁行かないのでtiptopさんと比べれば同じくらいの寿命かもしれません。
経済的なのがすばらしいですよね。

私は管理釣り場があまり好きではないので、結果は来シーズンになるのかなぁー。お風呂で試すかも。。。
tiptopさんの結果と比較できるのが楽しみです。
Posted by ジョニー at 2007年10月17日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ファールドリーダーの張り
Excerpt: ファールドリーダーを使用して見て、私にとってはシナヤカ過ぎてどうも使い辛いと思い。(ピンポイントのキャスティングが難しい) そこでシルクラインに使うリンシードオイルで張りを持たせたらと考えたいた処、S..
Weblog: Flyfishing Stream fflog
Tracked: 2007-10-17 21:39