2007年10月21日

ラインの染色

早速、下振り糸を染めてみました。
いつもネットを染めるのに使ってるコールダイという染め粉で好きな色に染めます。持ってるなかでもシルクラインぽいのを選びました。

n-some01.jpg

要らない鍋にお湯(50度くらい)に染め粉を適量いれ、下振り糸を束ねてそのまま染まり具合を見ながら20分程度つけました。
水洗いした感じはこんな感じです。なんだかかなりそれっぽいです。

n_some03.jpg

この下振りは、本来大工さんが使う道具のひとつで、この糸の先にとがったおもりをつり下げ垂直をみるものです。当然フライラインのようなテーパーなどはありません。
最近の有名メーカーのシルクラインには当然のようにテーパーが付いていますが、オールドなどのシルクラインの多くの場合は4番以下の場合、ほとんどがレベルラインといい、いわゆるテーパーのないラインが多いと聞いてます。

私が使用してるシルクラインもレベルラインですが、ファールドリーダーと組み合わせて使用してますが、それほど違和感なく使えていますので、今回のラインも私にはまったく抵抗はありません。

釣りの度にリーダーを交換していれば何万円もするシルクラインのテーパーがなくなる心配があり精神衛生上良くないのですが、レベルラインは全く気にならないでかえって良いというものです。

さて話がそれましたが、次回は乾燥後ミカノールで色止めした後に、いよいよハダーニングとなります。ワクワク!!

posted by ジョニー at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | handcraft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次から次へと凄いですね!
私は随分前に作ったランディングネットの網がまだ5目ほど編んだだけで止まっています。(-_-;)
私が5目編む間にジョニーさんはネット2つ編んで、ライン製作・・・凄いです!
フライも全く巻いていないし・・・私ももう少し気合い入れないと!(^^ゞ
Posted by tiptop at 2007年10月22日 11:56
時々何をしたいのかよく分からなくなります。(笑)
ラインはハダーニングして放っておけばいいので楽ですが、ネット編み疲れますね。
自分用のネットと丸竹ロッドも製作途中です。
私にとっては頭の中のイメージを作るのは楽しいことで、ストレス解消になる気がします。なんでも好きなことしてれば楽しいですよね。
すこし、落ち着いてフレーム製作してみます。
Posted by ジョニー at 2007年10月22日 12:49
こんばんは
こちらでは初めまして、ですね。

さっそくライン製作進めてますね。
今はハーダニングの最中でしょうか?
ハーダニングが終わった所で、一度キャストしてみると良いと思います。
僕の感覚では1回のハーダニングだと、#3.5程度と思いますが、
ちょっと軽いと感じた時は、ハーダニングを重ねることで
ある程度重くすることが可能なようです。

 ちなみに、僕の釣り仲間が作ってるラインは、別の素材を使ってます。
↓を参考にしてみて下さい。
http://liferiver.exblog.jp/6618344/
Posted by GEN at 2007年10月24日 22:12
GENさん。お越しいただきありがとうございます。
ハダーニングは昨日開始しました。
そうですね。一度試しにライン通してみます。3.5番。。。私の自作の竿には丁度いいかもしれません。ワクワク。。。
ご紹介いただきました方のページ拝見しました。
皆さん恐るべしですね。
妻がよく手芸屋にいくので探してみます。これは4番くらいなのでしょうかね。
これからは時々みさせていただきます。貴重な情報ありがとうございました。
Posted by ジョニー at 2007年10月24日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック