2008年02月07日

竹竿制作8

:

すこしずつ、暇を見ながらのラッピング作業。久しぶりだったので。慣れるまで時間がかかりました。
節はあるは、断面は四角いわ。ガイドの取り付け位置も限定されるわで、結局ガイドが一つ余ってしまいました。(笑)

take0201.jpg

tiptopさんのアドバイスをいただき、いろいろしらべると、どうやら布袋竹のようです。
テーパーがきついらしくがいどを付けてようやく少しスローになった印象です。次は、フレックスコートでコーティングしてまたスローぎみに変わるんでしょうね。
あまりびゅんびゅんしたので少し緩み気味。。。まあいいかと言うことで仮とめ完了。
竹の竿は、軽快な感じがとても好きです。これで釣りに行蹴る日を夢見てがんばります。完成した暁には丸竹クラブに入会してみようかと思ってます。

追伸:ようやくアクセス数も増えてきました。
せっかく見に来ていただいた方は何かコメント残していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。


posted by ジョニー at 22:02| 埼玉 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | handcraft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丸竹ロッド、私も興味があって調べましたが、本格的にやると、とても片手間に出来る物では無さそうですね!?
あれもこれもやらずに、かなり気合いを入れて、丸竹ロッドに集中しないと駄目な様な気がして・・・私は諦めました。
Posted by tiptop at 2008年02月07日 23:30
こんばんは。
NEWロッド、解禁に間に合いそうですね。
私も今年はラミグラスの派手派手オレンジをひっさげて小規模渓流や里川を地味に攻めたいと思っておりますw

ランディングネットは解禁には間に合わないだろうなぁ・・・。(;´д⊂)
Posted by パグ支配人 at 2008年02月08日 21:10
tiptopさん
こんばんは。丸竹ロッドは気軽に作れるのですが、竹のブランクになるまでに手間と時間がかかりますね。わたしも丸竹1号はおおよそ幼稚なものになりましたが、それでも人の目を気にしなければ十分使えるものが出来るようなします。
竿に限らずなんでも作ってみると奥が深いなぁーって感じます。
だからいくつもつくってしまうんでしょうね。(笑)

パグ支配人さん
こんばんは。そうです葉やいとこでは解禁してますね。
わたしはいつも5月頃にやっと釣りに行く感じです。
実際にはライン通してテストしなければなんとも言えませんが、1号ロッドより明らかに使えそうな予感はしてます。
パグ支配人さんもラミグラスでハシバシ行けますね。
ネットはわたしもオフシーズンいっぱいかかってしまいました。(笑)手間がかかりますよね。ゆっくりでいいとおもいますよ。
Posted by ジョニー at 2008年02月09日 00:24
丸竹のラッピングは難しそうですね。
グラファイトもそうですが、丸いブランクの上に
ガイドを乗せるとは難しいと思います。

その点6角は面がありますからかなり楽です。
もちろん節も出っ張ってませんし。(笑)
Posted by GEN at 2008年02月09日 09:40
GENさん
こんにちは。そうなんですよ。大変でした。
なかば強引に。GENさんにはお見せできませんよ。(笑)
ガイドフットはもう少しきれいに削れば良かったです。
ガイドも自作だから捻れてるし。もうーどうにでもなれーってなもんです。
先日一度薄めにコーティングして試し振りしてみました。
そうですGENさんに教えていただいた自作のフライラインをのせてみました。いい感じです。ガイドの滑りがざらつく意外はいい感じですよ、
暖かい日を選んで最終コーティングします、
出来たらどこかでラインと竿を持って試し釣りですね。
Posted by ジョニー at 2008年02月09日 16:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82867765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック